美白化粧品を選ぶなら「ビタミンC誘導体」が入っているものを

 

ビタミンC誘導体の美白化粧品

ビタミンC誘導体で「シミ予防」が美白の基本

 

メラニン色素の原因であるチロシナーゼの働きを抑えるため、美白化粧品に使われることの多いビタミンC誘導体。
肌に浸透しにくいビタミンCを奥まで届きやすくしたのが「ビタミンC誘導体」です。
抗酸化作用にも優れ、美白だけでなくアンチエイジングやニキビの炎症を抑える働きも期待できる優良な美容成分です。


 

「今あるシミ」にもビタミンC誘導体の美白化粧品でいいの?

ビタミンC誘導体の美白化粧品

できてしまったシミには「ハイドロキノン」 シミの予防に「ビタミンC誘導体」

 

多くの美白コスメに使われているビタミンC誘導体。
すぐれた美白成分ではあるものの、実はできてしまったシミを薄くする効果はあまり望めません。

 

濃くなってしまったメラニンを薄くするためには【ハイドロキノン】が有効であり、現段階では今あるシミに対してはハイドロキノンが「究極の美白成分」とも言われています。

 

ビタミンC誘導体の「予防」と、ハイドロキノンの「漂白」が最強の美白コンビです!


 

ビタミンCとハイドロキノン、最強コンビが配合された美白化粧品

ビーグレン

ビタミンCがハイドロキノンの作用を活かす!
ドクターズコスメ ビーグレン

 

究極の美白成分「ハイドロキノン」を確実にメラニンに届けることが最強のシミ対策です。
そのためにもビタミンCとの組み合わせは最適。

 

ビーグレンの独自技術により不純物の少ないビタミンCと、優れた美白効果のあるハイドロキノン、この2つの組み合わせで効率的に肌の奥に届けることができます。

 

返金保証・トライアルセットあり

ビーグレンの美白化粧品はこちらb

 

s


ビタミンC誘導体の美白化粧品でメラニンを排出

ビタミンC誘導体で美肌美人

ビタミンC誘導体は皮膚科の分野でもよく利用される美白成分です。
ビタミンCはそのままの形では肌への吸収率が低いのですが、これを吸収しやすい形にしたのがビタミンC誘導体です。
抗酸化作用があるため、シミだけでなく毛穴の開きやシワなどのエイジングケアにも有効であり、またニキビの炎症を抑えるため、基礎化粧品としてはあらゆるタイプの肌トラブルに有効に働いてくれます。
ビタミンC誘導体はシミの元であるメラニンを作り出す働きを抑制し、メラニンの一部を淡色化する効果があります。
ビタミンCはサプリメントで摂っている方も多いかと思いますが、肌へはあまり届かず、今あるシミを薄くするほどの効果は望めません。むしろシミ対策であれば、化粧品で直接肌に与えるのが効果的です。
また、ビタミンC誘導体の化粧品をそのまま使うだけでなく、美顔器などでイオン導入することで浸透率がグンとアップします。シミは今まで浴びてきた紫外線の刺激が蓄積されて現れるものです。
紫外線対策というと春先から夏にかけてだけやればいいと思われている方もいるようですが、紫外線は季節に関係なく1年中降り注いでいますから、美白対策も1年を通して行うようにし、シミの予備軍をできるだけ減らす対策も同時に行うことで美肌を保つよう心がけましょう。
美肌は1日にしてならず。シミ対策もある程度の時間がかかることは覚悟しなければなりません。
また、ビタミンC誘導体以外にも美白成分としてはアルブチン、コウジ酸、カモミラET、エラグ酸など多種にわたります。これらの美白成分のどれが効果があって刺激があるのはどれなのかというのは、人によって差があります。
効果をあまり感じられないようであれば、配合成分を確認し、ご自分の肌で効果を確認しながら選ぶのが化粧品をラブベストな方法と言えるでしょう。


おすすめサイト

更新履歴